Notionの使い方【メモ、タスク、ドキュメント基礎入門】
レッスン内容

メモ作成、プロジェクト管理、タスク管理のためのオールインワン・ワークスペース。

関連リンク

Notionの公式サイトからダウンロードしてください。
▶︎ 無料でNotionをダウンロード

はじめに(Notion公式サイト)
https://www.notion.so/ja-jp/help/start-here

Script

Notionは、メモの作成、プロジェクト管理、タスク管理のためのオールインワン・ワークスペースです。

既存のサービスとしては、Evernote、Trello、Jira、ConflienceなどからNotionへの移行が想定されているようです。
メモをとったり、もう少し凝ったドキュメント作成や、情報やリンクを集めたデータベース、進捗を管理するタスク管理などが、幅広くNotionでできます。

Notionのことを何も知らずに使い始めると、ただのシンプルなノートです。でもそのシンプルな中に機能が詰まっていて、必要な機能をすぐに呼び出すことができます。

このコースで使用するアプリは、ChromeやSafari、Microsoft EdgeなどのWebブラウザ、もしくはNotionアプリです。
Notionをアプリで使うメリットは、ネットがつながっていない状況でも内容を閲覧、編集ができることです。アプリでも、ウインドウを複数開くことができます。
メニューバーの「ファイル」から「新しいウィンドウ」を選択するか、ショートカット「⇧shift + ⌘command + N」で複数のウインドウを開くことができます。

Notionアカウントが必要になりますので、無料で作成しておいてください。Notionをひとりで使う場合の、無料版と有料版とで、基本的な機能の違いはありません。アップロードできるファイル容量、ファイルを共有できるゲストの数、過去30日間のバージョン履歴の保存などに違いがあります。